2005年08月23日

実習記録 〜2日目〜

今の順位を確認しましょう! ←



実習の二日目…


本日の予定は

午前中は区の体育館へ行き体力づくり、

午後は畑へ行き畑仕事をする予定であった。




続きを読む前にこちらもチェック! ←

 


利用者と関わっていく上で大切なのは、

その人の行動が

どんな理由でしているのかを考えることである。



どんな人でも

行動することにはそれぞれ

理由があると思うけど、

当然のことながら利用者にも

それぞれの行動にはそれをする理由がある。


だから職員や僕ら実習生は

常にその行動の背景となっている理由を考えて

利用者とかかわっていかなくてはならない。




それを考えずにただ行動のよしあしだけで

悪い行動を怒ったり辞めさせるのでは、

利用者の考えや行動を改善しない。

こちらの理由だけで利用者の気持ちを

押さえ込んではならないということである。




通常的に理由を理解することができるのが

一番よいのだろうけど、

職員ですら難しいことを

たった数日の実習しかしない僕らでは

到底できないことである。





だから通常よりも神経を使う。





日常からそんな神経を使っていては、

ものすごく疲れてしまう。

仕事としても精神的に疲れる仕事ということである。





実は初日が終わったあと、

ものすごく疲れてしまった僕は

家に帰ってすぐにダウンしてしまった…

疲れ方が半端ないのである・・・



今日もそうなると思うと、

実習とは言え、気が重かった。





今日は区民体育館へトレーニングへ行った。


腹筋とかを中心に運動するのだが、

普段運動していないためか、

すぐにあきらめてしまう。



特に機械系の運動をしていると、

続ける人は続けるのだが、

僕がペアになった人は飽きやすかった。

それぞれの運動を2回3回だけすると、

奇声をあげて逃げてしまうのだ。

他にも利用している人がいる場所であるので、

奇声はあげないように運動してもらいたいのだが、

なかなか運動に集中はしてくれなかった。

だから終始追い回すことで時間が過ぎてしまった。



お昼後は畑へ行くこととなっているのだが、

昼食後のバスへの移動には時間がすごくかかる。



昨日の移動でも施設のバスで移動だったのだが、

乗り降りするのにも時間がかかるのである。

バスや外が好きな人はすぐに移動するし、

きちんと行動できる人はすぐに乗ってくれる。

でも、バスの席が気に入った場所でないと

かんしゃくを起こしてしまう人や、

行動事態がすごくマイペースでゆっくりな人がいたりと、

なかなかすぐに集まるということは少ないのである…

行動するように促すのも実習のうちであるが、

動いてくれないとさすがに困ってしまう(;つД`)



職員は、さすがに長く利用者といるだけあって、

そういうときの対応はうまい。

無理やり行動をさせることはしないのであるが、

僕ら実習生が声をかけるよりも早く行動してくれる。

まだまだ未熟な自分である・・・




畑に行っても問題は多い。



収穫が目的で畑に行っているのですが、

畑を荒らしてしまう利用者も中にはいるのである。

一度とめても繰り返してしまうので、

利用者には、なぜそれをしてはいけないのかを

理解してもらう必要があるのだが、

説明だけでは理解が難しい。

その場で辞めさせることを繰り返すことが必要となる。



行動の改善ひとつにも難しさと、

根気強さが求められるということなのである。



トマトを収穫することになったが、

緑色で食べられないトマトをも

とろうとしてしまう利用者もいた。

理解して覚えてもらうことは難しい。



理解はできてもできないことはあるし、

覚えていても間違えることもある。

理解はできても覚えられないことも多い…





理解するのと、覚えるってこと、

そしてそれを行動にするってことは

違うんだなって

思い知らされた日でした…



人気Blogランキング参加 クリックおねがいします。

学生ブログランキング こちらもクリックお願いします。

posted by H2 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
マンガのススメ〜!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。