2005年08月02日

臨床心理学に必要な知識

読む前にぜひ応援を!←


本日は大学にて

「SPSS」というソフト利用の講習を受けた。




それを利用してあらためてよく分かった事がある。





臨床心理学で必要な知識は、











心理だけじゃない!!




















臨床心理学の大学に進もうとしている方は


ぜひ読んでください!!





続きを読む前にこちらも応援を←



本日講習で学んだ

SPSS




というこのソフトは、



統計のソフトなんです!








勘のよい方はもう何が必要なのかお分かりだろうたらーっ(汗)























心理学の分野はまだまだ不明な部分が多く、










はっきり言えば研究段階が




まだ完璧ではない!





















人の特徴と性質もそうだし、

血液型と性格もそうなのだが、



すべてはデータがあって初めて裏づけされる。





それぞれの心理的特長が
何かと影響しているか否か・・・




それはすべて統計によって分析されるペン








つまり、



















心理学は統計の分野も



必然と学ばなければならない。































今まで心理は文系だと思ってた皆さん、




どっちかっていうと、














心理は理系です!!











それでも文系の学部に

設置されているんですけどね(-_-;










でも、心理学研究法や

臨床心理学研究法などは


統計の知識が無いと難しい。















さらには、








統計の知識は


理系分野!!







まあ、最近はSPSSやExcelのように、

表計算や統計ソフトがでているので、

計算力自体はすごく必要なわけではないですが…




理系的な知識が無ければ、









心理研究のアンケート分析とかで



すごく苦労するどんっ(衝撃)





















例えば「家族と仲のよい人は友達づきあいがうまい(仮)」

という仮説を立てたとする。


(あくまで例であり(仮)の内容です!)


仮説が正しいのか同かを

質問紙を用いて導きだそうとすると、

その解析をするときに、

統計法を用い、分析しなくてはならない…



家族と仲の良さの点が高い人が

友達との付き合いの点数も高いかどうなのか、

その結果は有意(仮説が成り立つか)かどうかを

分析結果から導きだす!

単に数値が高いからと言って、

成り立つかは統計法によるのである!































どんな内容も、統計法なしには




その結果は導きだせない。
























現在文系で、臨床心理を目指している人は、


意外と要注意です!
























ちなみに僕は

もともと理系出身なのである程度は大丈夫・・・



















なんて思っていたのですが・・・




























重回帰分析って?



因子要因分析って?



カイ二乗検定って?



t検定って?



相関って?










・・・違いをイマイチ,

まだ良く理解していません…






そして違いだけではなく、



分析方法とかも

理解していません・・・













難しいってヽ(´Д`;)ノアゥア...


































理系が苦手な人でも、



少なくとも



「分散」






「標準偏差」





のそれぞれの意味と算出方法は


出せるようにしておいた方がいいですよ!


人気Blogランキング参加 クリックおねがいします。

学生ブログランキング こちらもクリックお願いします。

posted by H2 at 21:28| Comment(9) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>重回帰分析って?
>因子要因分析って?
>カイ二乗検定って?
>t検定って?
>相関って?


・・・・・・・何っ?!
根っからの文系っ子です。
相関くらいかな、習ったのって。

大学卒業してなくとも両親は理系ペア。
生まれた三姉妹はみな文系。

遺伝子?どこ?
でもソロバンと暗算は大得意です☆
って、関係ないか |∀・)・・・・・
Posted by Iyo-kan at 2005年08月02日 21:59
>心理は理系です!!

なんて聞いて少し安心しましたが、

重回帰分析?
因子要因分析?
カイ二乗検定?
t検定?
相関?

…先は長いなぁ( -.-) =з
Posted by じゅん at 2005年08月02日 22:07
>Iyo-kan
姉妹そろって文系ですか!?
親の遺伝は何処へ( ̄▽ ̄;

僕もソロバン得意でしたよ〜
一応それなりにやっていましたから☆
暗算は段位もってますよ♪
そんなに段位は高くないですが・・・

>じゅんさん
心理は理系色も濃いって意味ですので、普通の文系内容も多いです。心理理論とかなんて文系内容ばっかりですもん。
心理研究においては理系色が強いです!本当にその心理は成り立つのか、とか、仮説は成り立っているのか…なんてのは理系です!

分析の用語については現在もまだ勉強中にて自分でもハテナです(-_-;
Posted by H2〜管理人〜 at 2005年08月02日 22:29
こんばんはー
そうなのですよね…
わたしも実験の折々に苦しめられ続けてきました。
でもSPSSって便利ですよね、ほんと。
分析自体はパッと出るから。

だから実際的な計算よりも
「○○を見たいから、どういう分析方法を使って、出た結果をどう読むか?」ということの方が重要なのですよね…。
わたしは全然出来ていませんがw

H2さんは将来臨床系に進まれるのかな…?
頑張って下さいね☆
Posted by とうふ at 2005年08月02日 22:46
>とうふさん
そうなんですよ、計算よりもどういう分析方法をつかって、どう結果を読むか…現在それすら分かっていない自分です・・・

まずはどういう分析方法があって、それがどういう時に用いられて、どんなふうに結果がよみとれるか、そこを勉強して行きます!!

僕は将来は臨床心理系に進みますよ♪まだまだ勉強不足で不安ですけどね…

応援ありがとうございます☆
Posted by H2〜管理人〜 at 2005年08月02日 22:58
うお〜なんか難しい話ですね。
もう頭の中がわやです。
心理学って人間だったら
凄い興味を持っちゃう言葉ですよね!
因数分解でつまずいた僕には程遠い世界ですよww
Posted by きむけん at 2005年08月03日 01:55
ちこ♪☆は統計はSPSSで結果は出せるけど、そっから研究に必要なデータを見出せない(>_<")と言うか…途中で自分が何をしたかったのかわからなくなります。゚(゚ノД`゚)゚。
Posted by ちこ♪☆ at 2005年08月03日 08:36
こんにちは。
私は全く無知なのですが
心理学というのはとてもデリケートな感じがします。
人間がもつ心理だからこそ
統計上だけでは導き出せないものがあるのかも知れませんね。
とっても勉強になりました♪
Posted by ちぇり at 2005年08月03日 14:03
>きむけんさん
因数分解( ̄▽ ̄;統計はそのレベルよりもはるかに上のような内容です…因数分解の方がまだよかったですよ(;´Д⊂)
心理学は興味を持つ人はホントに多いですよ!ですが一般に言う心理学はあくまで狭義の意味であって、心理学を分野ごとに考えると膨大すぎて何がなんだかさっぱりになってきます。
ちなみに、臨床心理学の他にも、一般心理学や人格心理学、社会心理学に教育心理学、発達心理学に家族心理学などなど…幅広すぎ!!

さらに余談ですが、研究分野の他にも、研究法の分野(○○派など)もあるので、実際はも複雑に絡んできて、わけがわかりません。


>ちこ♪☆ さん
SPSSは楽に統計が出せますけど、そこからの読み取りが難しいですよね。僕は意味すら分かっていない・・・


>ちぇりさん
心理学はちぇりさんの言うように、デリケートですね。心理なんかすべてを解明できる分野ではないですから。統計だけですべてが分かればいいんですけど、そうも行かないようです。しかもややこしい事に、社会に影響されやすいときたもんだ。時代ごとに心理の求められているニーズに変化があることは否めない。心理が広まるのはいいのですが、行動や症状すべてを心理的病気とつけられるのはいかがなものかとも思うのですけどね。



長いコメントになってしまった・・・
Posted by H2〜管理人〜 at 2005年08月03日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
マンガのススメ〜!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。