2005年06月12日

うつによる自殺、予防策研究 厚労省、20%減目標

人気Blogランキング 順位確認のためにクリック!

学生ブログランキング こっちも順位を確認☆



本日の記事で気になるのを見つけたので載せます!


うつによる自殺、予防策研究 厚労省、20%減目標


働き盛りの男性を中心に自殺者が増え、
7年連続で3万人台が続く状況を受けて、
厚生労働省はうつ病による自殺を減らすための
初の大規模研究に着手する。
自殺率削減の成果目標を設定、
全国の先駆的な取り組みを参考に、
うつ病で自殺未遂をした人を退院後も
IT(情報技術)などを使って
相談に応じるなどの対策をして、自殺予防策を示す。

委託先の精神・神経科学振興財団(東京都小平市)が
近く協力先の研究者や医療機関を公募、
夏にも動き始める。
研究期間は5年間で予算は計10億円。



厚労省の04年の人口動態統計では、
自殺者は3万227人と、
過去最高の03年の3万2109人より減ったが、
警察庁のまとめでは98年以降3万人超が続いている。
厚労省は、2010年に自殺者を
2万2000人以下に減らす目標を掲げている。



厚労省の研究班は3月、うつ病による自殺予防について、
各地の先駆的な取り組みや課題と評価を報告書にまとめた。
その上で、「地域特性に応じた自殺予防地域介入研究」
「うつによる自殺未遂者の再発防止研究」
の二つの研究計画を提案した。



従来の「地域介入」では、
ストレス教室の開催、保健所職員の家庭訪問、
ハローワークでの相談紹介、
一般のかかりつけ医の啓発や専門医との連携、
住民相互の交流による
ネットワークづくりなどが行われてきた。



厚労省によると、
自殺が多い秋田、岩手、青森、鹿児島各県などの
地域介入では自殺予防効果も出ているという。
例えば、秋田県では県内全体の
自殺死亡率(対人口10万人)が増加する中、
4町では、こうした取り組みによって、
00年の68から03年には49.5まで低下した。
ただ、小さな市町村で行われているため、
都市部で活用できるかどうかが課題という。



今回の大規模研究では、
自殺率20%削減の成果目標を設定する。
「地域介入研究」で、
自殺予防介入プログラムを行う地区
(5カ所程度、7万5000人)と、
通常の自殺予防策の地区(同)を比べ、
06年度から3年半で効果的な方法を見いだす。



一方、「再発防止研究」は、
うつ病による自殺未遂で救急救命センターに
搬送された人が対象。
3年半でうつ病の再発を30%減らすのが目標だ。



具体的には、救急部門と精神科の
連携がとれた複数の医療機関に
搬送されてきた1000人のうち、
半数については通常の治療に加えて、
電話やメールによる相談、
ITの症状判定プログラムを使うなどで、
うつ病の再発率や自殺未遂率などを比較する。



全文引用
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/
shakai/20050611/K2005061101700.html



本来のうつ病の人は自殺するほど元気が無いんです。
でもある程度回復して来た時に自殺をする力を得るので、
死のうとしているうつ病のひとで、
回復して来ている人は周囲の注意が必要だと言えるだろう。
(個人的見解)




人気Blogランキング参加 クリックおねがいします。

学生ブログランキング こちらもクリックお願いします。

posted by H2 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース・話題事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

うつ病による自殺
Excerpt: 厚労省が本格的にうつ病による自殺の抑制に乗り出すようです。 僕は以前、僕の発行するメルマガ 『誰でもわかる!最新医学ニュース』でこの話題に触れました。 その要約を以下述べます。 最..
Weblog: 誰でもわかる!最新医学ニュース
Tracked: 2005-06-14 10:37
マンガのススメ〜!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。