2005年10月18日

大学院までの道のり…

臨床心理の大学院のお話

読む前にクリックお願いしますm(_ _)m




本日、大学院入試の為に行っている英語ゼミの講義がありました。



昨日がんばったかいもあり、

大きなミスも特になく訳せていたようです。



ただ、心理学的英語文献の訳し方には特徴があり、

behevior」は主に生物学的な「行動」と訳され、

subject」は「(実験)対象」ではなく「被験者」と訳されます。

ちなみに「subject」は「対象」と訳される時には「被験者」とするのであり、

主題・テーマ」と訳される時は「被験者ではないのでご注意を!!


まあ、英語が苦手な僕が知らなかっただけで、

基礎的なことらしいので覚えておきましょう!!







つまり、英語であっても、心理学の文献の英語であるので、


文献や論文調に

訳せばいいという事です!!









英語が苦手な自分だからこそ、この辺の専門的訳が得点に絡んでくるようなので、

今のうちにしっかりしておきたいと思います。





ちなみにそこに参加していた4年生の先輩ですが、

そのゼミで英語の勉強をしていたかいもあり、

ほとんどの人が合格したそうです!!










そして今年のうちの大学院入試問題を見せてもらいました〜!!









続きはうちの大学院入試について

読む前にクリックお願いします!

続きを読む

posted by H2 at 23:44| Comment(7) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

i,e,

やっぱりすでに100番台ですよね?

読む前に順位の確認お願いします!!




さて、先ほどまで英語に悩まされていた自分です。

もう高校の英語力なんてものはどこに消えてしまったのやら…

「態」でもう既にやばいです(-_-;


タイトルも今回の英語で出てきたのですが、

もう何がなんだかわかりませんでしたよ…

分厚い英和辞書(7,600円)を引いて見ると、














「i,e, = id est = すなわち」















うん、見つけるのに苦労したさ(>_<)b











みなさんは知っていましたか?














僕はsummarizesummersize



勘違いしてずっと訳に悩んでいた




間抜けな人ですから…


















英語難しいよぅヽ(´Д`;)ノアゥア...








続きを読む前にここもクリックお願いしますm(_ _)m

続きを読む

posted by H2 at 01:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マンガのススメ〜!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。